格安名刺印刷

聞かれたので私も舞台をやっているという話もし、ちょうど次回作に向けてコスチューム的に作り物も考えているところだったので、これこれこういうもの作れますか、と聞いてみた。半分は話の流れからの社交辞令だったが、あとの半分は何か組んで面白いことができそうな予感もあった。

それなら作れますよ、これこれこうして・・・、と具体的な話も出た。
予算、いくらくらいですか、と聞かれたので、材料費は○○円、ギャランティは相談だけど△△円くらいかなあと。
すると、材料費はそれでできますが、ギャラがそれだと私は無理です、と言う。

  • 名刺印刷 山田印房
  • 名刺印刷 小田印房
  • 名刺印刷 田中印房
  • 私には相場も分からなかったが、自分を安く見るなよ、というプライドだったのかもしれないし、バイトを休むに見合う制作時間が物理的に無理だったのかもしれない。
    自分もこういうことで食っていきたいので、とも言っていた。

    話は進まなくなり、じゃあまた何かあったらということで、名刺を渡されて終わり。
    私もどうしても彼でなければということもなかったので、その後彼と連絡を取ることはなかった。