格安名刺印刷

聞かれたので私も舞台をやっているという話もし、ちょうど次回作に向けてコスチューム的に作り物も考えているところだったので、これこれこういうもの作れますか、と聞いてみた。半分は話の流れからの社交辞令だったが、あとの半分は何か組んで面白いことができそうな予感もあった。

それなら作れますよ、これこれこうして・・・、と具体的な話も出た。
予算、いくらくらいですか、と聞かれたので、材料費は○○円、ギャランティは相談だけど△△円くらいかなあと。
すると、材料費はそれでできますが、ギャラがそれだと私は無理です、と言う。

  • 名刺印刷 山田印房
  • 名刺印刷 小田印房
  • 名刺印刷 田中印房
  • 私には相場も分からなかったが、自分を安く見るなよ、というプライドだったのかもしれないし、バイトを休むに見合う制作時間が物理的に無理だったのかもしれない。
    自分もこういうことで食っていきたいので、とも言っていた。

    話は進まなくなり、じゃあまた何かあったらということで、名刺を渡されて終わり。
    私もどうしても彼でなければということもなかったので、その後彼と連絡を取ることはなかった。

    実印の作成手順

    仕方がないから駐車場付きのコンビニを探す。
    カードを入れるような縦型の機械が2つあったが、どれにも住民票とか記されていないので、バイトのあんちゃんに聞いたらコピー機の方だと言われた。え、コピー機?果たしてそういう項目があり専用のカードを置くスペースもあった。コピー機も進化したもんだ。
    ふんふん~♪とカードを置いて指示に従いながら液晶モニター内のボタンを押してゆくと●×■のナントカ番号を入力してください、と表示された。え?
    パスワードは7桁だけどこれは4桁だ。普通パスワード以外に入力するとすればメルアドだけど、これは違うだろう、4桁だし。
    何だろうか、全然記憶にない。いや、もしかしたらそういうパスワードみたいなのを2つ指定したのかもしれないけど、こんなの中年以上(特に60歳以上の老人)の市民に覚えさせるのって無理ありすぎだろ。銀行カードのようにパスワードが1つというのなら分かるけど。

    やけくそ気味にカードに記された12桁の個人番号というのを4桁ずつ入れるもエラー(当たり前だ)。最後には「3回のエラーによりこのカードはご利用できません」となり、このカードが盗まれたとしても悪用することができなくなった。究極のセキュリティと言えよう。

    再発行手続きとかは面倒なので、拙マイカードは机の中で、なくなってもどうでもよいモードの永久保存カードと相成った。
    はっきり言って、マイナンバーカード、使えません~。

    近いうちに実印とハリセン持って市役所に行こうかと思っているところ(涙)。

    群馬の結婚相談所

    早速、百円ショップにて500円もする風呂の椅子を買ってきて便器の前に置いて試してみた。ちょうどurl内の35度の「HEALTHY」のようになった。
    確かに効用はあった!特にンコは最後の一搾りがあり放出感があった。が、シッコはあまり分からなかった。老齢による前立腺辺りの疾患があると効果があるのかもしれない。

    しかし、これには大きな落とし穴があり、この記事を書いたライターは絶対に試していないと思った。
    イラスト「HEALTHY」のようにしているとケツと便座の接地面積は面ではなく点になり、便座も点接地仕様にはなっていないので、ひねっている最中にもうケツが痛くなってきて、足を下ろしてしまった。最後辺りで改めて足を乗せたりしていたけどスマートなやり方とは言えない。
    それしか売っていなかったその椅子は200mm高なので、家で常用していた160mm高の風呂椅子にしてもケツが痛さはあまり変わらず、かつ幅が狭いので、足を揃えるようにしてやらねばならず、ダメじゃん。

    たまたま余っていた100mm高の工具ケースを置いたらケツも痛くならず、かつ最後搾りもなかなか良い、と相成った。
    ただ、便器の足下にこんなモノが置いてあるので、向きを変えてしゃがみずらいので、ロスタイムなしのウルトラ緊急時には最大級の障害物となりそうで、この箱自体2~3週間で消え去ってしまうような気がしないでもない。

    実印を激安で即日発送

    今日の天気予報を見ると、最高気温9度、風は南西の風速6。
    ベランダ側に大きな家ができてしまい、冬場は限りなく日が当たらなくなってしまったので冬場は洗濯物は乾かないと思っていたら、そんなことはないことにびっくり。単なる無知かも。
    日は当たらないとは言え、晴れているのが大前提ではあるが、まずは風が乾燥には重要なようで吹いていれば数度でもOKだ。そして、風向きだけど西か南が入っていれば尚良し。
    つまり、10度ぐらいであっても風もない曇天とかだと、どんなに干しても乾かない。それでは3度とかでも乾くのか、というと首都圏辺りでこの温度だとまずは南西ではい北東の風なので冷たすぎて、かろうじてタオルの半分ぐらいが乾くだけ。16時前に取り込んで部屋に干してクーラー&扇風機。それでも場合によっては半乾きの変な臭いが残ってうーむ。コインランドリーまで行くのは面倒なので、こういう時期は天気予報とにらめっこしながら洗濯日を調整して・・あ、主夫みたい。

    洗濯はやはり太陽の光で乾かすのがパリッとしていて良い、とカミさんが言うが、引っ越さなければそういう環境を得るのは無理なので、特に冬場は考えないようにしている。
    んなことを同時進行していたら、画像処理は夕方までかかってしまった。
    画像処理で疲れ果ててという大義名分にてうだうだと酒をひっかけていたら、猫パコが目の前のスキャナーの上に飛び乗って、オレにもメシをくれよ、ニャァ~。

    名刺印刷の値段

    ファーストフードに文句を言うのは大人げないと分かってはいて、かつ、美味いまずいではなく所詮好みなんだけど、吉野屋のみそ汁とマクドナルドのポテトフライは昔から苦手だ。

    吉野家のは、どういう種類のみそ汁なんだ、と思ってしまうぐらいで、カップみそ汁の方がよりみそ汁然としている。昔から変わらない独特の味だから、それなりのファンがいるのかもしれない。
    マックのポテトフライは、どこよりも一番無個性で、塩けなく、じゃがいもの味とか風味は皆無、ホントにじゃがいもでできているのか?みたいな割には割高だ。ハッシュドポテトをフライドポテトと言い間違えた3回をはぶき、ほか頼んだことがない。
    それがカーリーポテトが出てからすっかりファンになってしまい、久しぶりに買いに行ったら「・・・ありません・・・」、良く聞えなくて、え?と聞き返したら、「あれは期間限定なんです、すみません~」と、若いアルバイトのおねーちゃん。
    思わず店頭メニュー内、従来のフライドポテトを指さしながら「えーっ?!これより全然美味かったじゃない」、おねーちゃんはゼロ円スマイルにて首を何度も縦に振っていた。似たようなことを言う客が少なくないのだろう。

    それでも120円ぐらいのマックのチーズバーガーは大好きだ。
    大胆にも隣レベルの近くにバーガーキングができ、そこの200円のより肉の味がするハンバーガーも悪くはないのだが、マックのシンプルさが今のところ飽きずに好きである。今回、動揺していたのか言い間違えてハッシュドポテトではなくフライドポテトと言ってしまった。